倉敷市鶴形|JR倉敷駅南口徒歩7分|朝8時30分から診療

|糖尿病,高血圧,高脂血症,禁煙外来,高濃度ビタミンC点滴,にんにく注射,プラセンタ療法

*TEL:086-441-8849
受付時間8:30~12:00/15:00~18:00

診療時間

 8:30~12:00/15:00~18:00

 休診:木・土午後、日、祝日

AGA(ザガーロ®)|はやし内科

AGAとはザガーロ®デュタステリド副作用と注意当院の診療では

AGA(男性型脱毛症)とは

男性イメージAGAとは「英:Androgenic Alopecia」の略で、日本語では「男性型脱毛症」という意味です。思春期以降に額や頭の側面から少しずつ髪が薄くなり、髪の質も細く短くなっていきます。

AGAは遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因と考えられ、放っておくと進行します。そのため進行を抑えるためには、早めのケアが必要となってきます。

5年後に後悔しないためにも、気になる方は今すぐご相談ください。

当院では、『ザガーロ®』と『プロペシア®(フィナステリド)』を取り扱っています。


グラクソ・スミスクライン社製の『ザガーロ®』とは

ザガーロ®の主成分デュタステリドは、もともと前立腺肥大症の治療薬としてイギリスのグラクソ・スミスクライン(GSK)社によって開発されました。開発途中の臨床段階で発毛効果が報告されたことから、発毛薬としての研究開発が続けられました。

日本では、2015年9月28日にザガーロ®の名称でAGA治療薬として厚生労働省から正式承認されました。翌2016年6月13日に発売開始されています。

デュタステリドとフィナステリドの違い

AGAでは、DHT(ジヒドロテストステロン:dihydrotestosterone)などの関与によりヘアサイクルの成長期が短縮し、硬毛が軟毛化することで薄毛が徐々に進行していきます。DHTは、男性ホルモンの代表格であるテストステロンが、5α還元酵素という酵素によって変換された物質です。

5α還元酵素には1型と2型があり、プロペシア®の主成分であるフィナステリドは2型のみを阻害するのに対して、ザガーロ®の主成分であるデュタステリドは1型および2型を阻害し、DHT濃度を低下させます。

よって2型のみを阻害するフィナステリドよりも、1・2型とも阻害するデュタステリドの方が発毛効果はより高いと考えられ、プロペシア®であまり効果が得られなかった方も治療効果に期待がもてるようになりました。

また、このような特性からザガーロ®とプロペシア®の併用は効果が期待できません。

デュタステリドとフィナステリドの違い

ザガーロ®の副作用と注意点

国際共同試験において、総症例557例のうち、17.1%[95例]に副作用(臨床検査値異常を含む)が認められています。主な症状はリビドー(精力)減退3.9%[22例]、勃起機能不全4.3%[24例]、精液量減少1.3%[7例]でした。

そのうち日本人は総症例120例で、副作用が報告されたのは11.7%[14例]。その主なものは、リビドー(精力)減退5.8%[7例]、勃起不全5.0%[6例]、射精障害1.7%[2例]でした。


  • おもな副作用としては、勃起不全、性欲減退、乳房障害(女性化乳房、乳頭痛、乳房痛、乳房不快感)、精液ボリュームの減少、があげられます。
  • どの副作用に関しても、プロペシア®1mgの副作用よりも同等、もしくはそれよりもやや高い発生頻度とされています。
  • 勃起不全、ED等は当院で対応可能です、当院の医師にご相談ください。

 
◆ご注意ください◆
  • 医師の指示どおりに、服用してください
  • 1日1回、1カプセルを毎日忘れずに服用しましょう。食事の影響を受けないので、いつでも服用できます。
  • 通常6か月間、お薬を飲み続ける必要があります。発毛効果が得られた後に服用をやめてしまうと、再び髪の毛が元の状態に戻ってしまいます。
  • 女性や子供は服用しないでください、また、カプセルから漏れた薬剤に触れないでください
  • カプセルの中の薬剤に触れると、皮膚から有効成分が吸収されてしまいます。もし触れてしまったら、すぐに石けんと水で洗い流してください。
  • 妊娠している女性がデュタステリドを体内に取り込んでしまうと、男子胎児の生殖器官等の発達に影響をおよぼすおそれがあります。
  • 20歳未満の方については、まだ安全性や有効性が確立されていないため、処方していません。
  • カプセルをかんだり、開けたりせずに服用してください
  • カプセルの内容物は、口やのどの粘膜を刺激する場合があります。薬を飲む際には、カプセルごと飲んでください。
  • PSA検査(前立腺がんのスクリーニング検査)を受ける方へ
  • ザガーロ®を服用していることを必ず担当の医師にお伝えください。
  • ザガーロ®を服用中であっても、PSA検査は通常どおり受けることができますが、ザガーロ®は前立腺肥大症の患者さんにおいて服用開始6か月後から血液中のPSA値を約50%減少させます。
  • ザガーロ®を最後に服用した日から6か月間は献血をしないでください。
  • ザガーロ®は男性型脱毛症のみが適応で、円形脱毛症や、抗がん剤治療の副作用による脱毛には、一切効果がありません。
  • 肝機能に重度な障害がある方は服用できません
  • 軽度の場合は医師の判断を仰いでください。
  • ザガーロ®はおもに肝臓で代謝されるため血中濃度が上昇する恐れがあります。

ご予約は不要です

ご予約は不要ですが、お薬を服用中の方は「おくすり手帳」をご持参ください。


  価格(税込)
初診料 500円
ザガーロ®カプセル 30日分 10,900円

ページトップへもどる|はやし内科