倉敷市鶴形|JR倉敷駅南口徒歩7分|朝8時30分から診療

|糖尿病,高血圧,高脂血症,禁煙外来,高濃度ビタミンC点滴,にんにく注射,プラセンタ療法

*TEL:086-441-8849
受付時間8:30~12:00/15:00~18:00

診療時間

 8:30~12:00/15:00~18:00

 休診:木・土午後、日、祝日

アミノインデックス®がんリスク検査(AICS)|はやし内科

AICSとは検査対象のがん検査対象者検査結果とリスク当院の検査では

アミノインデックス®がんリスク検査(AICS)とは

家族イメージ血液中のアミノ酸濃度から、健康状態や病気の可能性を明らかにする技術を活用して、がんであるリスク(可能性)を評価することができます。この検査方法をアミノインデックス®がんリスク検査(AICS:AminoIndex® Cancer Screening)といいます。

1回の採血で、複数のがんを同時に検査することができます。早期のがんにも対応しています。

人の体のアミノ酸バランス

人の体は約60%が水分で、約20%がたんぱく質でできています。人の体を構成しているたんぱく質は、20種類のアミノ酸から作られています。

アミノ酸は血液中にも含まれており、健康な人の血液中のアミノ酸濃度は、それぞれ一定に保たれるようにコントロールされていますが、さまざまな病気になると、アミノ酸濃度のバランスが変化することが分かっています。

アミノインデックス®で分かるがんの種類

  • 男性:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん
  • 女性:胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん

なお、子宮がん・卵巣がんについては、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんのいずれかのがんであるリスクを評価することはできますが、それぞれのがんのリスクについて区別することはできません。

検査の対象者

下記年齢の日本人を対象として開発された検査です。各がん種の評価対象年齢は、一部受診対象年齢と異なります。備考に記載した「がん種別評価対象年齢」以外の方のAICS値は評価対象外となります。


検査項目
名称
受診対象
年齢
評価対象がん がん種別
評価対象
年齢
男性AICS
[5種]
25~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん 25~90歳
前立腺がん 40~90歳
女性AICS
[6種]
20~90歳 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、すい臓がん 25~90歳
子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)・卵巣がん 20~80歳

検査結果について -がんであるリスクとは?

血液検査イメージ検査結果は、それぞれのがんである可能性を0.0~10.0の数値(AICS値)で報告します。数値が高いほど、がんである可能性が高く、判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の3段階で表示されます。

AICSは、がんであるリスクを評価する検査で、がんであるか否かを確定するものではありません。ここでいう「リスク」とは、確立、可能性、危険性などを意味します。

検査にはそれぞれに長所と短所があり、いくつかの検査結果を総合的に判断することで、がんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

また、AICSは採血時のがんであるリスクを評価するもので、生涯に渡ってのリスクを評価するものではありませんので、定期的に検査することが大切です。

検査は事前にご予約ください

 
◆ご注意ください◆
  • 検査のための採血は、食事後8時間以上あけ(絶食、水のみ可/お茶は不可)、午前中に受診してください。
  • 検査前日の夕食は肉・魚などの高たんぱく質の食事は摂りすぎないようにしてください。
  • アミノ酸のサプリメント、アミノ酸含有スポーツ飲料、アミノ酸製剤、牛乳・ジュースなども食事同様お控えください。
  • 妊娠されている場合、AICS値に影響がありますので、検査は受けられません。

種 類 解 析 対 象 価格(税込)
男性[5種] 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、前立腺がん 23,000円
女性[6種] 胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん 23,000円

検査を受けられる方へ
  • 事前予約となります、準備が必要なため2、3日前までの、診療時間内(8:30~12:00/15:00~18:00)に窓口かお電話でご予約ください。
  • 検査は、月~金の午前中に行います。
  • 血液を5ml程度採血して検査を行います。
  • 検査結果は、約2週間後に出ます。

ページトップへもどる|はやし内科